体を大事に!美と健康に気をつける日記

5/12

中学生、高校生の頃に毛穴の黒ずみが目立つ様になりました。

 

 

気になって鏡で見ていると、黒い部分に毛穴の開きがあり、中心に皮脂の固まりが見えました。

どうしようもなく取りたくて、指で絞り出しました。爪の先を使ってしまった事もあります。その結果皮脂の固まりは取れても、当然表皮が赤くなります。その赤みだけでも恥ずかしく思っていましたが、赤みが引いた後に薄茶色に跡が残る場所も出てきました。

 

大後悔です。

 

また、皮脂の固まりが取れた時に、毛穴がぽっかりと穴が空いた形のままクレーターの様になってしまう場合もありました。止めておけばいいのに、その開き毛穴を気になってまた触ってしまい、即座にニキビの様な、ポコっと腫れた状態にしてしまいました。そうなると、直後にまた指で絞り出すにも全く歯が立たない状態になってしまいました。しかも、しばらくすると黒ずみができやすいポイントになってしまいました。毛穴の開きが大きくなり、汚れが溜まり易くなった様です。

 

手っ取り早くキレイになりたくて、我慢できず、そしてスキンケアの知識も乏しくやってしまった行為でした。汚いですが、その時は毛穴の開きでさえ、キレイに皮脂が取れたのが丸見えになった様に見えてむしろ快感にすら思っていました。

 

中高生の頃は、洗顔料や化粧水などあまりにこだわると親から冷めた目で見られそうな、恥ずかしい様な気持ちもあって修学旅行の時にくらいしか使えなかったです。

 

それからはや十数年。。。

 

今となっては、その黒ずみがすっかり開いて頬の毛穴が目立つように。。。。
ホントに辛いです!

 

でも、あの頃の私と違うのは、ちゃんとケアしていること。

 

やっぱり顔はケアで変わりますね。
http://xn--cjr598cxha661cqscv13d.com/